看護師の勤務形態は特殊?正看護師も准看護師も仕事内容はほぼ同じ?

看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較すると特殊な体制であり、勤め先によっても違います。
一般に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっていることが多いです。
2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制を導入している病院が多いのです。
ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。
男の人でも看護師になれるのか、調べました。
看護師は女性が大多数ではありますが、男の人の看護師も働いています。
患者が男性の場合、世話を女性の看護師にやってもらうのが照れくさいという場合もあります。
そういう場合に、男の看護師は大変喜ばれます。
正看護師と準看護師の仕事内容に関しては、大差は見当たりません。
でも、準看護師だと、医師か看護師による指示により、仕事をするように、決められており、現場では正看護師が上に立つことになります。
年収については、各病院での規定がありますが、差があるのが一般的でしょう。
どうしてナースは動く量が多いのでしょうか。
オフィスワーカーと比べると動く量が多いです。
患者さんをストレッチャー、もしくは、車椅子を利用して運搬したり、ナースコールがあれば、すばやく病室に駆けつけたりするためだと思います。