NISA口座開設に必要な書類は?申し込み方法

NISAとは何かをシンプルに言うと、金融商品の利益を非課税にするという制度のことです。



日本で始まったのは2014年で、年間にして120万円までが非課税で売買できる枠となります。



より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、ひとつの口座のみを持つことができます。



気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、株などの配当や売買益といったものがその対象です。



期間は最長5年までということになっていますが、今現在NISA以外で保有しているものはNISA口座に移管させることはできません。



NISAの失敗ってやっぱり気になるものですが考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。



NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。



NISAの仕組みによる失敗について説明すると、期間終了時に含み損が生じていた場合に、そのまま通常口座に移行し幸か不幸か株価が値上がりしてしまうと、含み損が出ていた時の金額が基準になってしまっているので利益がでたと判断され課税されてしまいます。



金融商品自体がもっているリスクというのは簡単に言うと、金融商品ですから値下がりしたら損だよねということです。



NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、NISAの枠が120万円ですから、その間に収まるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことを指します。



NISAで取引が可能な対象商品と言えば、ざっくりと分けて、株と投資信託、ワラント債というものがあります。



ただし、株でもリスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的リスクの少ない債券についても対象外になっています。



比較的人気の高い外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。



FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。



NISAという商品の誕生理由は、日本では預金する傾向がとても高いため、その分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのでは?という想いから誕生したそうです。



つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的に投資資金に回すことを狙っているものと思われます。



NISAの投資信託は初心者向けとなります。



なぜかと言うと、投資額が少なくて済むからです。



現物株の場合、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、あまり数多くの銘柄には投資できません。



一度に高額を投資するという点で心理的ハードルも高いです。



それとは反対に、投資信託の場合は複合的な金融商品のため、資金が限定されているNISAでも分散投資が実現できますね。



予算があまり取れない方にもおすすめです。



プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。



NISAの口座を開設できるのは2023年までです。



運用期間は当初から決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとってはあとわずかな期間になってきましたね。



この期間まではすでに買っていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからはじめる方はこの仕組みは利用できないと思っていいでしょう。



ではNISAの期限が切れるとどうなるかが気になってきますが、その場合は売却もしくは、課税対象の普通の口座に移行するかのどちらかになります。



NISAで運用していた非課税口座と一般の課税口座の間で移行させることで、最終的な収益を計算しておきましょう。



NISAのリスクを紹介します。



1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。



NISAは利益に対して課税されないメリットがありますが、損失がでたときに損益通算ができないというデメリットがあります。



このことは源泉徴収ありの特定口座でも同じことが言えるのですが、NISAで気を付けなければいけないのが5年間という期限があるところです。



期限が切れる前に通常の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。



一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。



そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。



NISAとジュニアNISAの異なる点について気になってきますが、通常のNISAは自分のために口座を開設して投資するものです。



ではジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫のために、親権者などが代理で運用していくしくみになります。



NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫たちのための備えという面があります。



ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。



ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。



NISAを銀行でやろうと考えている方はいませんか?いわゆるしがらみのようなものがないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。



もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAについて詳しく説明してくれますから、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。



NISAの最大のウリである非課税になるというのは、最終的に支払うコストが低くなるというメリットですから、折角ですので手数料が安くなる可能性も追求したいですよね。



できるだけリスクを避けることを考えて銀行にするかどうか決めるようにしましょう。



NISAに興味がある方は、はじめ方から調べていくことをおすすめします。



ただはじめるだけなら近所にあるゆうちょや銀行の支店などでもはじめられます。



とはいえ、この方法は本当にただはじめてみたい人向けなので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設しましょう。



基本的に銀行やゆうちょなどで取り扱っている金融商品は、ローリスクローリターン型の投資信託になります。



初めての方には悪くはないと思いますが、収益を考えた場合物足りなさは否めません。



独占の金融商品に興味があるというわけでなければ、ネット証券がおすすめです。



NISAで1万円から始めたいと思っています。



貯金だけでも仕方ないしいくらかは投資してみるかな。



といったことが経済情報サイトなどで言われていることもありますが、少額投資するとなると実はそれなりのリスクもあるのです。



株式取引を例に考えてみますと、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。



となるとお金がない人は参加できませんし、投資先としてどこかの会社を選んだとしても結果としてどうなるかは神のみぞしるわけで、例えある程度お金がある人でも今までやっていなかった投資をあえてするのはやめようと判断することになります。



投信であればバランス投資を実現できますが仕組み化している分若干ですがコストが増えてしまいます。



NISAにはロールオーバー制度があります。



NISAには最長でも5年という制限があるのですが、5年経過後にその年の新たな非課税枠を使って、そのまま移行することをロールオーバーと呼びます。



NISAは毎年120万円と枠が決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でも、ロールオーバーが可能です。



ジュニアNISAの仕組みについてもロールオーバーの扱いについては基本的には同じものとお考えください。



とはいえNISA自体が2023年までなので、これから運用を始めるという人には、気にしなくていい情報かもしれません。



今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。



NISAの口座開設はスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回、乗り換えが可能になりました。



もう1点、普通のNISAからつみたてNISAに変更したいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回変更可能となっています。



ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約しなければいけないのかどうかだと思います。



でもそこは大丈夫なのでご安心ください。



前年度に購入したものは継続して持ち続けられます。



但し、NISAの枠組み自体の制限は変わりませんのでご注意ください。



まだ間に合うNISA口座開設を考えているなら、まず最初に考えることはどこを選ぶかということでしょう。



NISA口座開設は一人につき一つしかもてないので、NISAに対応している金融機関の中から、どこが一番いいか厳選する必要があります。



一番人気があるのは証券会社ですね。



中でもネット証券は手数料が安いので口座開設におすすめです。



単純に安さだけで決めてしまうのではなく、キャンペーンなども合わせて比較するといいですね。



例えば売買に必要な手数料が無料になるというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンなどを行っている場合もあります。



投資金額がさほど大きくないのであれば、キャンペーンで決めるのも1つの方法です。



NISA運用で5年後どうするかは大きな問題です。



というのもNISAには最長5年間というルールが設けられているからです。



期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。



その時の時価で株や投信を一旦売却することができます。



期限が切れた枠を新しい枠にする方法があります。



あとはNISAではなく普通の証券口座に移行するというのも可能です。



NISAをどのように使うのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、損をそのまま引き継いで証券口座で運用した場合、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。



NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題ですし、コンビニに置いている雑誌など身近なところでも目に触れる機会があると思います。



ですが実際に手を付けるかどうかは難しい問題ですよね。



口座に預けても預金金利が低いのでこれからは投資の時代だといわれても、増えないからといって減ってもいいわけじゃないですしね。



私たち一般人が日常の生活にちょっとプラスして、投資を始めてみようと思ったときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく何のためにやるのかという目的です。



老後にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先にどういう社会になっているかどうか想像してみるといいですね。



将来有望そうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。



引用:http://www.kabuho.net/jyuminhyou.html